yoshinoraicho’s diary

30代の日々(吉野雷鳥日記)

京都観光 大詰め 仏教美術を見に龍谷ミュージアムへ。

そろそろ京都生活も終わりが見えてきた。

 

昨日は不動産屋に部屋の状態のチェックを受ける。

特に汚れ・傷は無いので大丈夫とのこと。

退去する際にもう一度チェックがあってそれで完了。

 

少ししか居ることができなかったけどいざ退去となるとなかなかに寂しいものがある。

 

近くにあって一度も行ったことなかったインドカレー屋に昼飯に行く。

インド人が経営していてチキンカレーとバカでかいナンを食べた。

ナンがこれまたおいしい。ナン自体ほんのり甘くてこれだけでもおいしい。

ボリュームたっぷりでくちくなり、満足して店を出ると行列ができていた。

もっと他のカレーも食べたかったなぁ、行っておけば良かったと少し後悔。

f:id:yoshinoraicho:20201129213923j:plain

 写真1. カレーとナン

今、西本願寺近くの龍谷ミュージアムで「ほとけと神々大集合 -岡山・宗教美術の明宝-」という企画展をしているので、予約をして行く。

京都駅から歩いて15分くらい。

巨大すだれがかかってるみたいな建物が見えてくる。これが龍谷ミュージアムだ。

f:id:yoshinoraicho:20201129211013j:plain

写真2. 龍谷ミュージアム入り口

f:id:yoshinoraicho:20201129211121j:plain

写真3. 企画展アド

 

受付は地下にあってそこで受付をし、まず3階まで上がってから順に各階の展示を見て降りていくようになっている。

 

仏さまがたが鎮座しおはしまし、間近でまみえたこと、いとありがたきことなり。

f:id:yoshinoraicho:20201129211613j:plain

写真4. よくガイドブックで見るベゼクリク石窟大回廊復元展示コーナー!!(意外と小さかった。)

 

そのまま歩いて四条大宮へ。

意外と歩いていけるものだ。

なぜ四条大宮へ行ったかというと、ここにある喫茶店「ハットリー」の珈琲をもう一度飲んでおきたかったから。

以前たまたま気になって行ったとき、珈琲がとてもおいしくて、京都を去る前にもう一度と考えていた。

ここの珈琲は本当においしい。

香りは全然無いのだけれど、味がまろやかで雑味がなくてスッとした飲み心地でおいしくてびっくりする。

京都には色々有名喫茶店があるけど正直おいしいとは思えなかった。高い値段と味が釣り合っていない。

コンビニ珈琲の方がよっぽどおいしい。(話がそれるが、最近のファミマが出したスペシャリティ珈琲高級モカブレンドのおいしさには驚嘆する。この値段でこの味!?すごい時代だ・・・。)

その中でハットリーの珈琲は有名喫茶店よりも良心的な値段で良質な珈琲を出してくれる。そして居心地のよさ。喫煙オーケーなので、吸ってる客がいるとヤニ臭いのは目をつぶってほしい。適度な暗さでとにかく落ち着く空間なんだ。

素晴らしいこれぞ喫茶店のかがみだと心底思う。

今日は名残惜しくおかわりもした。

おかわりは割安になるかなぁ?と期待したが値段変わらず。

ここはずっと残っていってほしい。

そしてまた京都に来たとき、ここで珈琲を飲みたい。

 

茶店を出てそのまま四条通を東に向かい四条烏丸へ。

東急ハンズ赤べこを買おうと思ったからだ。

行ってみると欲しかった赤べこは売り切れだった。

ネットで調べてみると、来年は丑年ということで注文が殺到していて2ヶ月待ち。

なんと、ナントの難破船・・・。

早くゲットしとけば良かったな~。

 

あきらめて阪急烏丸駅地下へ。

地下にあるくまざわ書店により本を物色。

ここは小さい規模だけどなかなかに置いている本が良くて立ち寄ることにしている。

本を買い、阪急にのって帰宅。

 

昼にナンを食べてお腹が減らず、夜ごはんはみかんのみ。

 

しばらく京都に来ることはないだろうから、京都の街の空気を感じるために今日はひたすら歩いて移動した。

 

美術・工芸がたくさんあってそれらをたくさん見ることができる京都は魅力的な街だった。暮らしやすさは別として。

友人きたりなば・・・

最近、少しずつアクセス数が増えてきています。

読んでくださっている方ありがとうございます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

私が近々京都を出るということで、ならば今のうちに会おうということで前の会社の同僚たちが遊びに来てくれている。

 

昨日は大山崎にある天王山を登った。

湿度も高くなく、晴天で心地よい風が吹いていてとても気持ちよく歩くことができた。

頂上まで一時間くらいで行けて負荷としてハイキングには丁度よい山だった。

頂上は紅葉した落ち葉が敷かれていてそこに座り昼食。

パン屋で買った惣菜パンをほおばる。

陽がポカポカと体を温めてくれて眠くなった。

同僚とお互いの会社の話をしたり思い出話をして静かに時間が過ぎた。

周りでは子どもたちがはしゃぎまわっていて、なんとものどかな休日。

 

下山し、阪急で四条烏丸へ。

色々ぶらつきながら三条河原町へ。

この3連休は大混雑してるだろうなと思いながら錦市場へ行ったがそこまで混んでいなかった。

街を歩いていてもそこまで多くなくて拍子抜け。

この数日でコロナが増えたせいもあって、自粛した人が多かったのだろうか。

新風館にも行って、おしゃれボーイ・ガールたちに混じってビームスなどの店をぶらつく。

地下にアップリンクスという映画館があって、ここはシネコンでは観れない映画を取り扱っていて、最近知った『The Making of Motown』を今度観ようと思っていたから下見がてら行ってみたらなんともう終わっていた。ショック。

 

地下鉄京都市役所前駅近くのトリビュートコーヒーにてスペシャリティコーヒーを飲みながら時間をつぶし、三条大橋近くの珉珉へ。

やはり珉珉は味・コスパが最高。一人千円以内でお腹いっぱいになれる。

餃子の王将と並ぶ最高な店だ。

 

そして私の家に帰って雑魚寝。

歩き疲れて皆すぐに就寝。

 

翌朝、同僚が起き出してガサゴソ物音を立てだして私も目が覚める。

挽きたてのコーヒーを飲みながら朝食。

今日は同僚が楽しみにしていた黄梅院へ行くためまずは北白川へ地下鉄に乗っていく。現在黄梅院は限定公開中で、お寺が開く10時前に行くともう20人近く待っていた。

ここは行って正解だった。建物がとても手のこんだ造りになっていて、また庭がとても上品で綺麗に整えられており見応え充分だった。

f:id:yoshinoraicho:20201122211909j:plain

写真1. 黄梅院入り口

 

黄梅院で満足し、北白川にはもう用がないためバスで神宮丸太町へ。

目当ては「微風台南」というお店のルーロー飯!

12時開店でまだ時間があったのであたりをぶらつく。

近くにある誠光社へ。ここは一般の本屋には置いていない本がたくさん置かれていておもしろい。

12時前になったので行ってみると既に6人くらい待っていた。

f:id:yoshinoraicho:20201122212017j:plain

写真2. 微風台南外観

 

ちゃぶ台のある座敷に通される。

本棚がありなかなか渋い本が並んでいた。

f:id:yoshinoraicho:20201122212221j:plain

写真3. 微風台南内観

 

そして待ちに待ったルーロー飯!

f:id:yoshinoraicho:20201122212412j:plain

写真4. ルーロー飯

 

う、うまい!!!ゴロゴロした豚肉にタレがたっぷりかかりレンゲみたいなスプーンでガツガツ食べる。付いてきた高菜と生姜漬けもニクい。

大盛りを頼んだら見かけの割にボリュームがしっかりあってお腹いっぱいになった。

しかしここで終わらずデザート。名前忘れたが、牛乳寒天みたいなやつにシロップがかかり、オプションでタピオカや小豆などのトッピング全部のせたやつを注文。

f:id:yoshinoraicho:20201122212911j:plain

写真5. 名前不明のデザート

 

あまり甘くなくさっぱりとしていてこれはこれでおいしい。

大満足。

 

今日は同僚は京都駅八条口近くのホテルに泊まるのでチェックインのために夕方に行かなければいけないので、腹ごなしにホテルまで歩いていく。

途中また店をぶらつく。

寺町通りの「民族楽器コイズミ」に行って珍しい楽器を見たり、上島珈琲でコーヒー飲んで一息ついたりしながら京都駅へ。

 

チェックインを済ませたら河原町五条近くにあるお好み焼きの「じゅうじゅう」へ。

お好み焼き・トマトのチーズ焼き・海鮮やきそば・焼き玉ねぎ・肉もやし炒めを皆でガツガツハフハフしながら満喫。おいしかった。

 

京都駅で別れて同僚はホテルへ、私は家へ。

明日朝、同僚は帰る。

一緒に色々観光できて本当に楽しかった。

なんともありがたいことだ。

見たかった若冲の画を見れた! 岡崎観光

有給消化のため今日休みを取り、岡崎観光へ。

当初は京セラ美術館に行きたいのが目的だったがあるポスターを見て計画変更に。

 

阪急で河原町駅まで行きそこから歩いて京セラ美術館のある岡崎へ向かう。

地図で見ると遠いような気がするけど意外と歩いていける。

三条京阪まで歩いてみると交差点の角地にブックオフがあるのを発見。

ブックオフを見るとつい入ってしまう。中古CD漁りをしたくて。

最近はほとんど見れなくなったけどたまにお値打ちにいいCDがあって、そういうのに巡り合うのを期待してしまいフラフラ~と引き寄せられてしまう。

学生の時分に東京の大型ブックオフに寄ったら大滝詠一の『SNOW TIME』が800円くらいであったのにはびっくりした。そういう思わぬ喜びが忘れられない。

 

しかし三条京阪のところの店はCDは置いてなかった。

気を取り直して100円均一コーナーへ向かう。

このコーナーにあるゴルゴの文庫を買うのが好きだ。

ブックオフにはゴルゴがよく100円で売られていてあると買う。

ゴルゴは素晴らしいマンガだと思う。過去の世界情勢や歴史を知ることができて勉強になるしおもしろい教養マンガ。これと似たような系のマンガで言えば『マスターキートン』これもすごく面白い。

帰りの電車で読むように1冊買う。

 

のんびりと街の景色を見ながら岡崎へ。

20分弱で着いた。

美術館に行く前にみやこめっせの地下にある「京都伝統産業ミュージアム」へ。

ここも行きたかったところで京都の伝統工芸品が一堂に会し展示されている。

しかもなんと無料。

提灯や土人形・和傘・漆器組紐・仏壇・西陣織・能面・竹細工・鈴(りん)などなどたくさんあってとても見応えがある。

やはり京の工芸は品があるなぁとつくづく思う。特に提灯が欲しい。

自分のマークを考えてそれを墨でつけた提灯作って欲しい。

そういうのを作れるようなおじさんになろう。

あと実際にモノを触れるコーナーもあって、仏具の鈴を打ち鳴らせるコーナーでしばし立ち止まってしまった。とても鳴らすと澄んだ高音が出て徐々に小さくなっていって、あまりにその音が良くて何度も鳴らし気持ちまで澄んだような気持ちになった。

これも欲しいなぁと思った。仏壇の前に置くためではなく、自分の部屋に置いて頭の整理がつかなくてグチャグチャになっている時や余裕がない時などにリーンと鳴らして精神を落ち着かせるために。

鈴は8つ横一列に並べてあってドレミファソラシドの音階になっている。

特に高いドの音が一番心地よかった。

 

京の伝統工芸に満足したところで、さてさて京セラ美術館に行くかいなと思って歩いていたらふと近くのポスターが目に止まった。

琳派若冲

!!!!!な、なんだってー!!

見るとすぐ近くの細見美術館でやっている!

京セラ美術館に行くのをやめにして細見美術館に変更。

 

f:id:yoshinoraicho:20201117213621j:plain

写真1. 細見美術館入り口

f:id:yoshinoraicho:20201117213627j:plain

写真2. ポスター

 

入るとなんと、なんとずっと私が見たかった鶏の図屏風がお出迎え。

『花鳥図押絵貼屏風』『鶏図押絵貼屏風』

まさか生で見れるなんて・・・。感激。

私は美術品に詳しいわけではないけど、画壇とかそういう主流の人たちよりもそれに属さない画家の人たちの奔放なセンスの画が好きで、特に伊藤若冲は昔から図録を見たりしていた憧れの人。

鶏の生き生きとした動きが伝わってきて見てて飽きなかった。

もうこれ見れただけでもお金払って見る価値十分。

あと良かったのが『虻(あぶ)に双鶏図』。

雄鶏雌鳥がむつまじく寄り添って休んでいるところに虻が寄ってきて雌鳥がめんどくさそうに虻に向かって顔を上げてる画。

鶏が丸みたっぷりにやわらかく描かれていて、また雄鶏は向こうを向いているのがにくい。ユーモラスでこれもすごくいいなあと思う。

 

若冲を見れて堪能したところで腹がすき、昼飯を求めた。

おしゃれ店はおしゃれ要素が売りで量が少ないから却下。

調べてみると近くに食堂があったのでそこで「本日のサービス品」を食べた。

f:id:yoshinoraicho:20201117213601j:plain

写真3. 昼飯食べた相生餅食堂

 

おいしくて量もちょうど良いし、店のおばさんたちが元気な声でとても気持ちのいい食堂だった。

満足したので一休みに蔦屋書店へ。スタバが入ってるからキャラメルマキアートでも飲もうと思い行ってみたらすごい行列・・・。

京都はスタバが至るところにあるけど、どこも人だかりになってる。

なんでこんなに人気なんだ・・・。

断念した。

ここの蔦屋書店も前から行ってみたかったところで楽しみだったが、意外と小さくて置いてある本の数も少なくて残念。

スタバを併設したおしゃれスポットだった。

 

またテクテク歩いて三条河原町まで戻る。

三条商店街をぶらつきながら四条の方へ南下し新京極商店街ユニクロ丸善へとぶらつく。

最後に中古CDショップの「Take J」へ。ここはCDの良心的な買取をしてくれるところで何回か売りに来ていた。

ポイントがたまって1000円券として使えるのでCDを物色。

ビートルズの青盤(1280円)を購入。

ビートルズは昔に『ザ・ビートルズ1』が中学生の頃に出て聴きかじった程度でほとんどまともに聴いていない。

しかし最近になってYouTubeで『ペニーレイン』のMVがおすすめに挙がって、MVに出てくるジョンがすごくかっこよくて、またペニーレインもいい曲で、それもあり久しぶりに他の曲も聴いてみるとやっぱビートルズはいいなぁと思い興味が湧いていたところだったので購入した。

 

今日はとても充実した一日だった。

 

 

『舞妓さんちのまかないさん』15巻発売! 湯たんぽ

今日は暖かくて厚着したら汗ばむくらいだった。

本屋に立ち寄ってみたら、なんと『舞妓さんちのまかないさん』最新刊が出ていて興奮しながら速攻レジへ。

青森から健太が京都に就職しにやって来て、はてさてどうなるのか。

まだ最初の方しか読んでいない。

今日の就寝の友はコレだ。ニヤニヤしながら読み進めよう。

 

きゅうりのぬか漬けのネタがあって、ぬか漬け入りのポテトサラダについて作者のコメントがあって、そうかぬか漬けってそういうふうに使うこともできるな。

マヨネーズと合わせて調味料にするのもいいな。

 

湯たんぽにお湯を入れてホクホク顔になってるキヨさんの顔がとてもいい。

 

数年前私は寒い地域に住んでいたから湯たんぽを使っていた。

金属製ではなくてプラ製だったけど、これを寝る前に布団の中に入れておいて、布団の中をじんわりと温めておく。

そして布団に足を突っ込むとジーンとしたぬくもりが足に触れてとても幸せな気持ちになった。部屋の中の気温がマイナスを軽く突破するようなすごいところだったが、それだけ一層布団は至極の空間だった。

 

朝目が覚めると掛け布団の私の口元部分が濡れていることがよくあった。

あまりに寒くて寝息が結露して水になってしまうのだ。

 

 

大原・道頓堀など旅行 3

最終日、梅田と道頓堀へ。

一度も行ったことなくてメディアでしか見たことなかったからとても楽しみにしていた。

友達は所用のため昼から合流。

その間に私は阪急で梅田へ。      

会社の人に聞いていた石井スポーツのアウトドアショップに行きたかった。

梅田駅を出て石井スポーツが入っているリンクスへ。

リンクスの入り口に「関西最大」とうたっているユニクロの看板が目に入ったのでまずはユニクロへ。

でかい!!

品揃えがたくさんあって色々見てみる。

結局見てみるだけだった。

 

そして石井スポーツへ。

これもフロアまるまる使っていて、ブランドものばかりが置かれていた。

普段用に使うザックが欲しかったがなかなかいいものが無くて残念。

一番目に入ったのがテントフロア。

MSR特設コーナーがあった。

MSRのテントって意外とお手頃な値段だった。

ベトナム製だからだろうけど。

他にも国産のアライテントも置いてあり、他にも様々なテントが張られていて実物をチェックするのに良かった。

 

昼になったのでメトロに乗って心斎橋へ。友達と合流。

f:id:yoshinoraicho:20201112213601j:plain

 戎(えびす)橋からあのグリコ看板を撮影。

ついに、ついに来たんよ・・・グリコの走ってるおじさん・・・。

この気持ちは、マンガ『おしゃべりは、朝ごはんのあとで』の秀良子がニューヨーク公共図書館に来た時に「ついに来たよ。アッシュ・・・」とバナナフィッシュのキャラに思いをはせているシーンと同じ気持ちだ。

そういえば昔、グリコは「一粒300メートル」がキャッチコピーなので、300メートルごとに一粒食べてを繰り返して42.195キロ走れるかを検証した探偵ナイトスクープの何ともバカバカしい番組ネタを思い出した。途中でドクターストップかかって断念したはず。こういうアホなノリがいいなあ。さすが大阪の番組。

 

カニくいだおれ太郎も撮影。

お好み焼きとたこ焼きと小麦粉を食べすぎてお腹がふくらみ串カツを食べる余裕がなかった。残念。

あと純喫茶で行きたかった「アメリカン」へ。

内装センスが昭和のまま時が止まっていた。

f:id:yoshinoraicho:20201112215716j:plain

ケーキセットを頼んだ。

しかしケーキは小さめで味も特になんともなく、コーヒーもそこそこでいささか私にはガッカリだった。期待し過ぎていた。

 

その後アメリカ村をぶらつき、心斎橋を後にした。

帰りに高槻に寄ってみた。

駅付近は飲み屋がたくさんあってにぎわっていたが、少しそれると街全体が暗い。

街灯があまりなかった。

友達は横綱ラーメンに行きたがっていたが、もう脂っこいラーメンがお腹に入る余裕はなく、駅近くのからふね屋へ行った。

からふね屋はパフェが名物で、種類がたくさんあった。

パフェを食べる余裕はあったのでコーヒーとセットで注文。

大抵のお店ってメニューの写真で見て想像したものと違ってしょぼいものが出てくることが多いけど、ここは期待通りの大きさでボリュームあるものがきて感心。

和風パフェを頼んだが、これが正解!

下にコーンが敷かれ、小豆・白玉・アイス・求肥に包まれたアイス・抹茶寒天がしっかり入っており食べごたえ十分だった。

というか最後のほうになると甘さがきつくなってきてウエッとなるくらい。

もうちょっとお腹を空かせていけば良かった。もったいない。

店内は広く、落ち着いて過ごすことができる。

ほとんど席は空いていて、他には学生か予備校生みたいな人らが集まって勉強をしていた。

友達とお互いのこれからの人生の進め方について話した。

友達は友達でどう生きていくか悩んでいるところ。

二人とも暗中模索状態。

ま、でもあがいてでもいいから少しずつ前進していけば何かつかめることがあるのを信じてやっていこう。

一人で考え込んでしまうとどんどんネガティブになりやすいから、こうして友達(親友)と話すと気持ちが前向きになれる。

 

「悩み多き者よ、時代は変わっている」のだ。(斉藤哲夫)

 

友達とまた会うことを約束し別れて帰宅。

かなり充実した3日間で、この思い出は私の頭に残り続けるだろう。

大原・道頓堀など旅行 2

翌日は友達が行きたいと言っていた大原へ。

朝8:33発の京都駅発バスへ。

ギリギリに乗り込んだらもう満席で立つことに。

まぁ、皆四条河原町あたりで降りるだろうな、と考えていたのが甘かった。

ほとんどの人が大原行きなわけで一時間立ちっぱなしだった。

途中からどんどん人が乗り込んできて完璧な三密状態。

 

やっと大原のバス停に到着。

大原に降り立つと思いの外肌寒かった。

のどかで川がチロチロ流れなんとものどかなド田舎。

まずは寂光院に向かった。

紅葉が始まりだしていた。

 

f:id:yoshinoraicho:20201110190058j:plain

寂光院はちょっと前に放火によって焼失したそうで、どうりで本殿の仏像が彩色豊かだったわけだ。

 

寂光院を出て三千院に向かう。

途中昼食をとって参道を歩いた。

出店がたくさんあってよもぎ餅食べたりシソ入ソフトクリームを食べたりした。

三千院は紅葉を見に来た観光客であふれていた。

 

f:id:yoshinoraicho:20201110190544j:plain

お堂から眺める紅葉した木々を見て一息。

しかし歩き疲れた。

帰りのバスは早めに並んで席に座ることができ、二人とも爆睡。

 

次の日は念願の道頓堀へ。

 

つづく

大原・道頓堀など旅行1

遠方から友来たりし共に観光へ行ってきた。

一日目は嵐山の大悲閣千光寺・河井寛次郎記念館・四条河原町をブラブラ。

千光寺からの眺めは雲海ができていた。やはりあそこは落ち着く。下ではトロッコ列車の音が時折ガタンゴトン聞こえるくらいで、あとは鳥の鳴き声や木々のざわめき。

しばらくボーッとしてられて気持ちをしずめることができる。

その後は街中をブラブラ。

一度行ったことあるが、河井寛次郎記念館へ。

民藝運動に参加した陶芸家河井寛次郎の住んでいた家で、今は開放されて見学することができる。

とにかく家具調度品や建具に上等なケヤキがふんだんに使用されていて、今の時代ではとてもぜいたくな造りになっている。

f:id:yoshinoraicho:20201109211044j:plain

ここのいいところは調度品などが厳重にさわれないようになっているのではなくて、すぐ近くで見れるものが多いこと。

椅子にも座ることができる。

昔の家屋や民藝が好きな人にはぜひ寄ってみてほしい場所。

記念館を出て八坂神社まで歩き、神社近くの昔からの喫茶店「カトレヤ」で一休み。

街ゆく人々を見ながらコーヒーを飲む。

その後そのまま四条通りを西へ歩き四条烏丸まで。

東急ハンズ大垣書店をブラブラ。

一日歩き通しで人波にもまれクタクタ。

 

翌日は大原へ。

つづく